大阪府箕面市・池田市・豊中市 放課後等デイサービス「メイプルキッズ」

メイプルキッズについて

メイプルキッズは、「遅咲きでもいい、大輪の花を咲かせてほしい」をコンセプトに、まわりと比べるのではなく、一人一人のペースを大切にして、自己肯定感を養い、将来自立した姿をイメージしながら、総合的な視点で、発達段階に合わせた療育を行う放課後デイサービス事業所としてH28・6月にオープンいたしました。

お子さまの特性に合わせた個人療育や、他のお友達と遊んだり、運動したり、おやつを作ったりするなかで、集団療育を行います。安心して楽しく過ごせる居場所としての役割を担いながら、たとえゆっくりでもたくさん栄養をたくわえて、やがてお子さまが自分らしく豊かに開花するお手伝いをしたいというのが私たちの願いです。

またご家庭や学校でのお悩みなど、必要に応じてご相談に乗らせていただきますので、お気軽にご相談ください。お子さまや保護者の方の、お困り感にも寄り添いながら、共に成長していきたいと思っています。

想いをことばに

「ありがとう」「ごめんね」「いいよ」他者との関わりで、ことばはとても大切です。
自分の思いや考えに気づき(内言語)思いや感じたことを言葉にする(言語化)ために日々の関わりのなかで、丁寧に心の動きをみつめ声かけを行います。(ソーシャルトレーニング)

こころと身体

体幹トレーニング、バランス運動、手先を使った遊びなど、遊びの中で楽しく身体を動かすことは、脳の発達を促します。身体と脳が連携(感覚統合)することは健全なこころにも大切なことです。

物のとらえ方

人はそれぞれ物のとらえ方が違います。発達障がいのお子さまの中には、そのとらえ方の偏りが大きくなったり、頑なになっている部分(認知の穴)がしばしばみられたりします。そこに気づき、アプローチして行動に反映させ(認知行動療法)、概念の学習をしていくと問題行動が減ることがあります。

環境と身辺自立

生活に必要な動作がスムーズに行えるよう、視覚支援を使ったり環境を見直して整えながらサポートします。